勉強に集中できる環境

専門学校なら、メイクやネイルについての勉強に集中することができます。資格の取得にも影響が出てくるでしょう。まずは、独学と専門学校で勉強するのにどのような違いがあるかお教えしていきます。

専門学校と独学で資格を取る違い

独学

独学でネイリストなどを目指すのはとても困難だと言えるでしょう。基本的にアルバイトなどをしながら勉強する必要があるからです。勉強に集中する時間が減ってしまします。また、教材などを揃える必要がありますが、とても大変な作業となるでしょう。教科書を探すだけでも一苦労です。そして、独学だと疑問の解消に時間がかかってしまいます。教えてくれる人がいないと、自分で調べなければならないからです。技術や知識を身に付けるのに、長い時間が必要となってくるでしょう。

専門学校

ネイルスクールなど、ネイル専門学校に通うと効率良く勉強することができます。学校なら、プロの指導者や先生がいるからです。分からないことがあればすぐに質問することができます。疑問の解消に時間を掛けることがないのです。また、学校が教材を提供するので、自分で購入する手間が省けます。基本的に無駄な時間を費やすことがなくなるのです。短期間で技術と知識を身に付けることができます。2級や1級といった難しい資格も取得しやすくなるでしょう。集中して勉強できます。

働くイメージ

ネイリストになりたいと考えている方は、仕事の流れを覚えておきましょう。現場で働くネイリストがどのような1日を過ごしているのか調べてみるのです。仕事の流れが分かれば、将来の自分をイメージすることもできるよになります。モチベーションの維持に役立つでしょう。

仕事の流れ

開店前の準備

基本的に開店前に準備を済ませておきます。店舗の清掃はもちろんのこと、道具の手入も欠かせません。ネイルサロンには美意識の高い女性が訪れます。店舗の清潔感を保つのは、とても重要な仕事なのです。また、店舗に流れる音楽などにもこだわり、リラックスできる空間作りを意識していきます。アロマオイルなどを使う店舗もあるでしょう。

お客様の来店

一般的に午前10時頃に店を開けるネイルサロンが多いでしょう。一人のお客様に対応する時間は40分から60分程となります。これは爪のケアや基本的なカラーリングに使う時間です。場合によっては2時間近い時間を要することもあるでしょう。また、1日に担当するお客様の数は4人から5人程です。一人一人、丁寧に対応していきます。

休憩など

ネイルサロンでは13:00時から14:00時頃に休憩を取ることが多いでしょう。基本的に店舗の状況に左右されます。忙しい時は、休憩をほとんど取ることができないこともあるのです。また、時間帯によって客層が変わってくるでしょう。主婦や自営業を営んでいる方は、日中に来店します。学生やOLなどは夕方から増え始めるでしょう。

退勤と自主トレ

19:00時頃になると営業を終了するでしょう。道具の片付けや、清掃などを行ないます。また、ネイリストの多くは閉店後に店舗に残って、自主トレーニングを行なうのです。マネキンを使ったトレーニングで、技術力を高めることができるでしょう。無理をしない程度に頑張るのが大切です。また、先輩から技術を盗むこともできるでしょう。

プロを目指そう

レディ

ネイリストになるには

ネイリストになるためには主に3つの方法があります。通信教育で勉強する、独学、ネイルスクールに通う。通信教育と独学の方は主婦だったり、お仕事をされている方が多く取る方法です。自分の時間をきちんと確保して勉強出来るので忙しい方にはピッタリです。ネイル専門学校も東京や名古屋にとても多く、通い方も平日の昼や週末のみなど選べるところもあります。そこで資格を取得をしてネイリストを目指していきます。

メイクアップアーティストになるには

メイクアップアーティストを目指す方の多くが専門学校に入学します。専門学校に入学することによって、基本的な技術や知識を身に付けることができるのです。専門学校では1年から2年間程勉強します。卒業後は、各美容室やブライダルサロンなどに就職して修行することになるでしょう。数年間修行することによって、技術も高まります。人脈も広がるでしょう。人脈が広がることで、独立しやすくなるのです。専門学校卒業後、数年でフリーになることができます。

広告募集中